【エポスプラチナカード】年会費をポイントで支払いできる!支払い方法を解説

 

エポスプラチナカードは、ポイントで年会費を支払いできるようになりました。

以前から、ネットで買い物をしたものについては、買い物後でもポイントを充当(ポイントを利用して引き落とし額から除外)できるサービスはあり、これも非常に便利でした。

ただ、ポイントでの年会費の支払いサービスはありませんでした。

しかしこの度、年会費もポイント支払いができるようになったのです。

このサービスは非常に便利です。また、手続きも非常に簡単です。

今回は、エポスプラチナカードの年会費をポイントで支払う方法を解説します。



年会費のポイント払いとは?

言葉の通り、「貯まっているポイントを利用して年会費を支払うことのできるサービス」です。

ポイントを年会費の支払いに充てることができる、ということです。

エポスプラチナカードはポイントが比較的貯まりやすいクレジットカードだと思います。

「ポイントは貯まっているけど、年会費は毎回現金で引かれるから、年会費の支払い月はお財布が痛いのよね」という方にぴったりのサービスです。

 

エポスプラチナカードのポイントの貯まりやすさの一つの理由として、「年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえること」が挙げられるでしょう。

利用額に応じたボーナスポイントは以下の通りです。

年間利用額 ボーナスポイント
100万円以上 20,000ポイント (2万円相当)
200万円以上 30,000ポイント (3万円相当)
300万円以上 40,000ポイント (4万円相当)
500万円以上 50,000ポイント (5万円相当)
700万円以上 60,000ポイント (6万円相当)
900万円以上 70,000ポイント (7万円相当)
1,100万円以上 80,000ポイント (8万円相当)
1,300万円以上 90,000ポイント (9万円相当)
1,500万円以上 100,000ポイント (10万円相当)

このように、例えば年間100万円を利用すれば、2万ポイントが翌年にもらうことができます。

2万ポイントあれば、年会費2万円(※)を全額ポイントで支払うことができます。

※インビテーション経由の場合。通常申し込みの場合の年会費は3万円。

ポイントで年会費を支払う場合の注意点

年会費の一部のみをポイントで支払うことはできません。

例えば、「ポイントは1万円分、現金で1万円分」という支払い方はできない、ということです。

年会費は2万円(インビテーション経由の場合)ですので、ポイントは最低2万ポイントが必要となります。

ポイントで年会費を支払う方法

ポイントで年会費を支払う方法は非常に簡単で、ボタンを押していくだけで完了します。

時間も早ければ1分程度で終わってしまいます。煩わしい名前や住所の入力も一切ありません。

ポイントで年会費を支払う手続きは、エポスNetから手続きをします。

 

①エポスNetにログインし、左側の現在のエポスポイントの「ポイントを交換する」ボタンをクリックします。

②画面をスクロールして「年会費をポイントで支払う」項目の「ポイントで支払う(確認へ進む)」ボタンをクリックします。

③内容を確認します。

④内容に問題がなければ、「ポイントで支払う(お手続き完了)」ボタンをクリックします。

⑤手続き完了です。

このように、画面を進めていくだけで手続きは完了してしまいます。

非常に簡単ですよね。

さいごに一言

ポイントを利用して年会費を支払うことのできるサービスは非常に便利で、手続きも簡単であることがご理解いただけたと思います。

年会費の引き落としの月は普段より現金が多く必要となるため、私も「ツラいな…」と思っていたところでしたので、個人的にこのサービスが非常に重宝しています。

エポスプラチナカードをお持ちの方はぜひ利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です