30代の身だしなみ

【30代男性向け】初めてのゴールドカードに最適!特典も多数『エポスゴールドカード』

 

『エポスカード』と聞くと「マルイで使うクレジットカード」というイメージを持つ方が多くいらっしゃると思います。

ただ、『エポスゴールドカード』は特典が多くあり、かつ年会費も無料(インビテーション経由)で持つことができます。

今回は、そんな『エポスゴールドカード』の特徴ご紹介します。

まとめ
  • 『エポスゴールドカード』はエポスカードの上位のクレジットカード
  • 年会費は無料(インビテーション経由の場合)
  • 年会費は無料にも関わらず特典多数

『エポスゴールドカード』とは?

『エポスゴールドカード』は、エポスカードの上位のクレジットカードです。

年間利用額に応じたボーナスポイントの付与」や「よく利用するお店を登録するとポイントがアップするサービス」、「海外旅行傷害保険」といった数多くの特典があります。

 

取得方法は?

カードの取得方法はインビテーションを受け取る」、もしくは通常申し込み2通りです。

インビテーションが送られてくる人の明確な基準は公開されていませんが、エポスカードをある程度利用した実績があると届くようです。

私の印象としては、年間数回のマルイ店舗利用と、年間数万円程度の利用でインビテーションが来るイメージです。

一方で、通常申し込みの場合は、インターネットから申請することができます。

インビテーション経由の入会と、通常申し込みの入会では年会費が異なるため、少し時間はかかりますが、まずはエポスカードに入会し、「エポスカード→エポスゴールドカード」の順番に取得することをおススメします。

 

年会費はいくら?

年会費は、

  • インビテーション経由の場合は無料
  • 通常申し込みの場合は5,000円(税込)

です。

通常申し込みの場合、5千円の年会費がかかりますが、年間利用額が50万円を超えると、翌年以降の年会費が無料になります。

ただ、初年度の年会費が必要となるため、エポスカードの利用実績を積み、インビテーションが来るのを待つことをおススメします。

 

『エポスゴールドカード』のポイント還元率は?

『エポスゴールドカード』のポイント還元率は

  • マルイ/モディで利用する場合:1.0%
  • その他のVISA加盟店で利用する場合:0.5%

です。

マルイ/モディ以外のVISA加盟店(例えばコンビニやスーパーなど)で利用する場合は0.5%と、ほかのクレジットカードとあまり変わりありません。

ただ、この後ご説明する「よく行くお店を登録・利用するとポイントアップ」で得られるポイントを1.5%まで上げることができます。

『エポスゴールドカード』をおススメする理由

私がエポスゴールドカードをおススメする理由は次の5点です。

おススメする理由

  1. 年間利用に応じたボーナスポイントがもらえる
  2. 年会費が無料
  3. ポイントの有効期限が無期限
  4. よく行くお店を登録・利用するとポイントアップ
ここにボックスタイトルを入力

①年間利用額に応じたボーナスポイントがもらえる

年間のカード利用額に応じてボーナスポイントが「2,500ポイント」、または「10,000ポイント」もらえます。

利用額に応じたボーナスポイントは以下の通りです。

年間利用額 ボーナスポイント
50万円以上 2,500ポイント  (2,500円相当)
100万円以上 10,000ポイント (1万円相当)

年間100万円の利用は一見ハードルが高いように思えますが、支払いをエポスカードにまとめることで、比較的簡単に達成できると思います。

②ポイントの有効期限が無期限

通常のエポスカードのポイント有効期限は2年間ですが、『エポスゴールドカード』の場合は無期限です。

ポイントを無駄にすることなく、使うことができます。

③年会費が無料

ゴールドカードということで、さまざまな特典が付くにも関わらず、年会費は無料です。(インビテーション経由の場合)

「ゴールドカードを持ちたい、特典は欲しい。だけど、年会費がかかるのはちょっと…」という方にはおススメなポイントです。

④よく行くお店を登録・利用するとポイントアップ

「選べるポイントアップショップ」とは、自身がよく利用するお店を登録しておくことで、そのお店でエポスカードを使うと最大3倍のポイントがもらえる仕組みです。

※登録できるお店の数は最大3件までです。

登録できるお店も非常に多く、例えば次のようなお店を登録することができます。

  • 公共料金(東京電力、東京ガス、関西電力、国民年金)
  • コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマートなど)
  • スーパー(イトーヨーカドー、西友、東急ストアなど)
  • 交通系(JR東日本、東京メトロ、JR西日本、JALなど)
  • ファッション(ユニクロ、洋服の青山など)

※次のお店は一例です。登録できるお店はもっと多くあります。

日常利用するお店だけでなく、毎月引き落とされる電気代や、電車の定期券代の支払い、といったものも登録・利用できます。

ちなみに私は

  • イトーヨーカドー(日常利用
  • 東京電力(月々の電気代支払い
  • メットライフ生命保険(月々の保険料支払い

の3つを登録しています。

さいごに一言

エポスゴールドカード』は、年会費がかからず、特典を多く得られるので、おススメできるクレジットカードです。

マルイを利用することの多い方は、持っておいて損のないクレジットカードと言えるでしょう。

クレジットカードの取得には、通常のエポスカードからゴールドカードと順番を踏んで入会するほうが、年会費が安い場合があります。

まずは通常の「エポスカード」の入会から検討してみてください。