SE向けおススメ本

【ブロックチェーンの応用技術を学べる本】|『After Bitcoin(アフター・ビットコイン)』

 

“ビットコイン”は終わった

“ブロックチェーン”は世界を変える

 

今回ご紹介する本は、仮想通貨やブロックチェーンの仕組みに興味のある方や、今後仕事で利用する可能性のある方に役立つ本です。

今回ご紹介する本は、

After Bitcoin(アフター・ビットコイン)

です。

まとめ
  • 「ブロックチェーン」の応用技術と未来について知ることができる本
  • 「ビットコイン」「ブロックチェーン」深い知識を得ることができる本
  • 技術や仕組みを詳しく解説しているため、基礎知識を身に付けている人(中級者)向け
  • 国際送金の課題と、リップル(Ripple)の目指す仕組みを理解できる
  • 各国の中央銀行の仮想通貨への取り組みを理解できる

本書をオススメする人

  • ブロックチェーンの仕組みを詳しく知りたい方
  • ブロックチェーンの未来(応用分野)に関する知識を得たい方
  • ビットコインの仕組みを詳しく知りたい方
  • 仮想通貨以外の分野におけるブロックチェーン技術の利用について知識を身に付けたい方
  • SE(特に金融系)の方で、ビットコインやブロックチェーンについて知識を得たい方

 

本書『After Bitcoin』の内容

ビットコインの中核技術である「ブロックチェーン」にフォーカスを当ててブロックチェーンの仕組みと、応用化に向けた動きについて具体的かつ詳細に解説している本です。

「ビットコイン」についても、概要から取引のメカニズム、新規発行(マイニング)の仕組みを、詳しく解説しています。

また、ブロックチェーンの応用分野として、金融業界への取り入れが非常に速いスピードで進んでおり、銀行業務や証券業務を大きく変えると言われています。

金融業界へブロックチェーンをどう取り入れて、どう変化していくのか、ということを実例を交えて説明しています。

本書では、ブロックチェーンの有力な応用分野と考えられている「国際送金」と「証券業務」に着目して、応用化に向けた動きを説明をしています。

特に、現在の国際送金の仕組みを大きく変えようとしているリップル(Ripple)の技術については、一章分を使って解説しています。

本書は各仕組みについて詳細に解説した中級者向けです。

仮想通貨に関する知識がほとんど無い方や、基礎知識を得たい方は「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン 大塚雄介著」といった本をお勧めします。


本書の構成

章立ては以下の通りです。

  1. 生き残る次世代通貨は何か
  2. 謎だらけの仮想通貨
  3. 仮想通貨に未来はあるのか
  4. ブロックチェーンこそ次世代のコア技術
  5. 通貨の電子化は歴史の必然
  6. 中央銀行がデジタル通貨を発行する日
  7. ブロックチェーンによる国際送金革命
  8. 有望視される証券決済へのブロックチェーンの応用

 

著者『中島真志』氏について

本書の著者は、中島真志氏です。

日本銀行に勤務し、リサーチ関連の業務を多く経験、金融研究所で「電子現金」の研究に携わりました。

国際決済銀行(BIS)に出向の際は決済に関するグローバルなルール作りに携われたそうです。

また、上記のような経験から、金融庁の審議会や全銀ネットの有識者会合などにも多く参加されました。

こういった経験と深く豊富な知識そして知見をお持ちの著者が執筆した本であることから、正しく広い知識を得ることのできる内容です。

また、本書に登場するほぼ全ての解説図は、著者作成であることからも、知識の豊富さと当分野に対する自信が伺い知れます。

他の著書には『SWIFTのすべて』『外為決済とCLS銀行』『決済システムのすべて』『証券決済システムのすべて』などがあります。

Twitterも最近始められたようですので、ぜひフォローしてみてください。

本書『After Bitcoin』を読んだ感想

昨今、「ビットコイン」に非常に多くの注目が集まり、ニュースや新聞で目にする機会も増えてきましたが、着目されるポイントは「価格の上下(暴騰・暴落)」や「投機・投資」の面に偏っていると感じます。

しかし、ビットコインは「ブロックチェーン」(分散型台帳技術)の一面であり今後重要視されていくのは「ブロックチェーン」を活用した技術やシステムであると思っています。

今後、私たちの身近なところにもブロックチェーンを活用した仕組みやシステムが登場し、利用者は意識せずにブロックチェーンの技術の恩恵を享受できるようになっていくでしょう。

一方で、そういった仕組みやシステムを作り出す側、特に金融分野のシステムエンジニアは常に新しい技術を学習し、業務で利用できるよう準備を整えておく必要があると感じています。

ビットコインやブロックチェーンの技術を詳しく知ることができ、各国のデジタル通貨の発行の動向や、ブロックチェーンの応用に関する展望までの知識を得ることが出来るため、本書『After Bitcoin』をぜひ読んでみてください。